Google ソフトウェア エンジニア、Chrome OS ビデオ in Tokyo, Japan

ご応募の際には、テキスト(ASCII)または HTML 形式の履歴書を jobs@google.com 宛てにお送りください。

重要: 応募メールの件名には必ず次の文言を記載してください: Software Engineer, Chrome OS Video - Tokyo.

Google のソフトウェア エンジニアは、何十億人ものユーザーの皆様が情報にアクセスしたり、情報を探したり、ユーザー間で交流したりする際の手段を変えるような次世代技術を開発するポジションです。Google のプロダクトでは大量の情報を処理する必要があり、ウェブ検索にはとどまらない広範な領域の技術を取り扱います。そのため、あらゆる分野からの新たなアイディアを持ち込んでくれるエンジニアが求められています。情報検索、分散コンピューティング、大規模システム設計、ネットワーキング、データ ストレージ、セキュリティ、人口知能、自然言語処理、ユーザー インターフェース設計、モバイルなど、対象となる分野は日々増え続けています。ソフトウェア エンジニアは、自分自身やペースの速い Google のビジネスの成長と進化に合わせて、チームやプロジェクトを切り替えて働きながら、Google のニーズにとって欠かせない個別プロジェクトに取り組むことになります。技術を常に前進させるために、Google では、応用が利き、リーダーシップに富み、数多くの新しい問題に情熱を持って取り組むエンジニアを求めています。

このチームは、Chrome OS、Android、Linux ベースのシステム用の動画、カメラ、メディア、グラフィック開発の中核として業務に当たります。

複数のプラットフォームを対象とする動画やメディアの将来に貢献することに興味のあるソフトウェア エンジニアを求めています。チームの業務には、既存のデバイスと新しいデバイス向けの複数のプラットフォーム用の低レベル ソフトウェア開発と、動画、メディア、カメラ、グラフィックの一般的な基準、API、フレームワークの設計と実装が含まれます。カーネル、ユーザー空間ドライバ、Chrome OS システムやブラウザ ソフトウェア、Android フレームワークなど、複数のスタックレベルで C および C++ を使用して開発することになります。開発の中心は、メディア、動画、グラフィック用の信頼性が高く普遍的なマルチプラットフォーム オープンソース ソリューションです。

Responsibilities

  • デバイス、ドライバに加え、Chrome OS、Android、その他の Linux ベースのシステム用の動画、メディア、グラフィック ソフトウェアの低レベル開発に取り組む
  • 新しいマルチプラットフォームの基準や API を設計、開発し、動画、メディア、グラフィックのフレームワークを作成する
  • 社内外のソフトウェア担当チームやハードウェア担当チーム、パートナー様、オープンソース コミュニティと連携する

Minimum qualifications

  • 4 年制大学卒または関連職種での実務経験
  • 埋め込みシステムやカーネルの開発における 2 年以上の実務経験(デバイス ドライバ、リベース、バックポート、テスト、チューニングを含む)
  • C を使用したプログラミング経験

Preferred qualifications

  • 優秀なデバッグスキル
  • 各種言語(Python やシェルなど)でのスクリプト作成スキル